無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
2016年7月の研究会

日本選択理論心理学会静岡支部では、
選択理論 /リアリティセラピーの継続学習のための研究会を行っています。
(前半は分かち合い学習を、後半は選択理論の考え方を身につけるための
ロールプレイを行います)

継続学習のため、ご参加はリアリティセラピー集中基礎講座を受講した方か、
受講していなくても静岡支部メンバーからのご紹介の方に限らせていただきます。

今回は読書会ですので初めてのご参加の方もお気軽にどうぞ。


静岡支部の選択理論心理士を中心としたメンバーがリレー方式で研究会を
リードさせていただきます。

 


基本的には第二日曜日ですが、都合により変更もあります。
開催場所・時間が変更しますので、恐れ入りますが毎回ご確認ください。

次回の研究会は下記のスケジュールで開催します。

日時 2016年7月10日(日)13:45〜16:45

  
担当:  内野 千珠子

テーマ:読書会「グラッサー博士の選択理論」

 

 「グラッサー博士の選択理論」の本をお持ちの方は

  ご持参ください。

 

  本をお持ちでない方はコピーをご用意します(申し訳あり

  ませんがコピーのお持ち帰りはできません)。

  コピーご希望の方はこのブログの参加/問い合わせフォー

  ムからか、内野と繋がっていらっしゃる方は直接にでも、

  ご連絡ください。

 

 

会場: 静岡労政会館 5F 日本間

参加費: 1000円(当日お支払いください)




※今後の予定

・2016年8月7日(日)
   
会場:静岡労政会館 第2会議室
   
担当:林 薫

 

・2016年9月11日(日)
   
会場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 第3研修室
   
担当:中村 真

 

・2016年10月9日(日)
   
会場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」5F  503

         担当:松永 祐子

 

 

| ct-shizuoka | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2016/07/31 5:45 PM posted by: naomi
2016.07.10 研究会

今回の研究会は読書会で、千珠子さんがリードしてくだ
さいました。

 [内容]
  ・読書会:「グラッサー博士の選択理論」

今回は「グラッサー博士の選択理論」の
「第4章 行動のコントロールの仕方」を輪読しました。
トッドの落ち込み行動の事例から、選択理論での考え方、
カウンセリングでのグラッサー博士の視点、ポイントを
確認しながら読み進めました。

すでに学んだことであっても、久しぶりに読むと新たにハッ
と気づくことがあり、基本に立ち返る良い機会となりました。
また、同じ文章を読んでいても皆さんそれぞれに注目箇所、
気づく内容が異なり、皆さんと一緒に学ぶことの面白さも
感じました。
気づいたことをざっくばらんに会話するうち、ある講演会
でのグラッサー博士の対応のエピソードを伺ったときは、
かなり盛り上がりました。

また、読書会後、今後の研究会の運営についても話し合い
ました。なかなか結論には至りませんでしたが、連絡や
情報共有のための便利なツール紹介も交えながら、より多く
の人達に参加してもらえるような研究会にしていきたいと
いうことを確認しました。
どうもありがとうございました。
(小泉直美)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ct-shizuoka.jugem.jp/trackback/95