無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
2016年4月の研究会
日本選択理論心理学会静岡支部では、
選択理論 /リアリティセラピーの継続学習のための研究会を行っています。
(前半は分かち合い学習を、後半は選択理論の考え方を身につけるための
ロールプレイを行います)

継続学習のため、ご参加はリアリティセラピー集中基礎講座を受講した方か、
受講していなくても静岡支部メンバーからのご紹介の方に限らせていただきます。
静岡支部の選択理論心理士を中心としたメンバーがリレー方式で研究会を
リードさせていただきます。



基本的には第二日曜日ですが、都合により変更もあります。
開催場所・時間が変更しますので、恐れ入りますが毎回ご確認ください。

次回の研究会は下記のスケジュールで開催します。

日時: 2016年4月10日(日)13:45〜16:45

担当:  中村 真

テーマ:「関係を築く方法とレベル」

場所:  静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 第3研修室   

参加費: 1000円(当日お支払いください)



※今後の予定


・2016年5月15日(日)(都合により第三日曜)
   
会場:静岡労政会館 視聴覚室
   担当:松永 裕子

・2016年6月12日(日)
   
会場:静岡労政会館 日本間
   担当:水野 敦子

・2016年7月10日(日)
   
会場:静岡労政会館 日本間

・2016年8月7日(日)
   
会場:静岡労政会館 第一会議室
| chizuko | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2016/05/15 3:28 AM posted by: naomi
2016.04.10 研究会

今回は「関係を築く方法とレベル」というテーマで、
マックンがリードしてくださいました。

 [内容]
  ・ウォームアップ
  ・関係を築く方法とレベル
  ・ロールプレイ

ウォームアップでは、TEDで紹介された
大規模多人数同時参加型指相撲にトライしました。
60秒間にポジティブな感情10種類(喜び、寛ぎ、愛、驚き、
誇り、好奇心、興奮、驚嘆、満足感、創造性)を体験できる
とのことで、参加者全員で指相撲をやりました。
指相撲を大勢でやるという発想は、とても新鮮でした。

今回は、人間関係について学びました。
まずは、以下について皆さんと一緒に考えました。
 ・関係性が築けていない人達の特徴は?
 ・関係性を築く必要はあるのか?
日頃の生活を振り返り、様々な意見が挙がりました。
私達は様々な関係性を築いていますが、基本的欲求の充足
と関係性の問題には関連があるようです。
また、関係性の悪化は単なる時間の経過(放置)では直ら
ないようです。

[人間関係の4つのスタイル]
 ・愛・友情    (フラットな関係)
 ・教える     (先生、生徒の上下関係)
 ・カウンセリング (支援者、相談者の上下関係)
 ・マネジメント  (上司、部下の上下関係)

[関係を築く方法とレベル]
 レベルA:話し合って解決できる
 レベルB:コミュニケーション(会話)できる
 レベルC:2人だけで何かをする(クオリティータイム)
 レベルD:1人だけで何かをする(コントロールタイム)

 クオリティータイムおよびコントロールタイムの特徴を
 それぞれ挙げていただきました。(例:努力のいるもの)
 それらの特徴からも、関係性を築くには、欲求に関する
 責任の概念が重要であることがわかります。
 2人でしていることが、共同作業なのか、それとも協働
 作業なのか(クオリティータイムは協働作業を指します)、
 その分類に悩むものもありました。

 また、関係性と距離については、関係性の良いときは、
 物理的にも心理的にも距離は近いとのこと。
 関係性を良くしたいのなら、まずは最初の一歩を踏み
 出してみれば良いのですね。

 最後に、関係性を築く依頼のしかたについて、
 重視する軸を「関係性」と「結果」で取ったマトリックス
 を用いて説明していただきました。
 やはり、関係性も結果も重視した「リクエスト」での依頼が
 ベストですね。

今回のロールプレイでは、愚痴の多いクラスメートに
うんざりする高3女性の事例に取り組みました。
クライアントのしていること、起きていること、上質世界を
整理しながら、クライアントが明日から取り組めることを
見つけることができました。
起きている問題にばかり注目しても、また問題と切り離して
上質世界にばかりに注目しても、なかなかクライアントの
トライは見つかりません。
クライアントの心情に沿いつつ、クライアントがコントロール
できることに焦点を当てることが大切だと思いました。

今回もとてもわかりやすく整理していただいて、良かったです。
また、手作りのお菓子を差し入れてくださる方もいて、
とてもありがたく、おいしくいただきました。
どうもありがとうございました。
(小泉直美)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ct-shizuoka.jugem.jp/trackback/92