無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
2015年5月の研究会
日本選択理論心理学会静岡支部では、
選択理論 /リアリティセラピーの継続学習のための研究会を行っています。

2015年4月から研究会の運営方法が変更になりました。
継続学習のため、ご参加は、リアリティセラピー集中基礎講座を受講した方か
静岡支部メンバーからのご紹介の方に限らせていただきます。
静岡支部の選択理論心理士を中心としたメンバーがリレー方式で研究会を
リードさせていただきます。

基本的には第二日曜日14:00〜17:00ですが、都合により変更もあります。
今後、開催場所が変更することもありますので、ご注意ください。

次回の研究会は下記のスケジュールで開催します。

日時:2015年5月10日(日)14:00〜17:00

担当:林 薫
   
*場所:神栄カウンセリングセンター ミーティングルーム
※アクセスマップはこちらをご参照ください。
※今後、開催場所が変更になることもございますので、毎回ご確認ください。

*参加費:1000円(当日お支払いください)

(前半は分かち合い学習を、後半は選択理論の考え方を身につけるための
ロールプレイを行います)


※今後の予定
 ・2015年6月14日(日)
 


 
| chizuko | 研究会スケジュール | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2015/06/10 9:55 PM posted by: naomi
2015.5.10 研究会

今回の研究会は、薫さんがリードしてくださいました。
薫さん手作りの冊子(かわいいイラスト満載!)に、
各自が書き込んでいくワークがメインとなる参加型の
研究会でした。

 [内容]
  ・ウォームアップ
   −アイデンティティクライシス
    (テーマ:今関心があること)
  ・紙芝居
  ・ワーク
   −冊子「わたしと選択理論」の作成
  ・ロールプレイ

紙芝居(これも、かわいいイラスト満載!)は、
薫さんがこれまでのご自分の子育てを振り返り、
選択理論との出会いも含めて、どのようにしてこられたのか、
また今後どのようにしていきたいのかをまとめたものでした。
次に続くワークの導入として、薫さんのストーリーを見せて
いただきました。

ワークでは、全員に手作り冊子を分けていただき、各自、
その中に書かれた10個の設問に答えていきました。
かっこいい回答は書けませんが、たまには、立ち止まって、
自分を振り返る時間を持つことは、楽しいものです。

 設問の一つに「自分がなりたい姿」がありました。
 皆さんと分かち合いをしているときに、
 義先生が、横田英毅さん(ネッツトヨタ南国(株))と
 その方の経営に対する考え方を紹介してくださり、
 とても興味深くお話を伺いました。

 今回は「わたしと選択理論」というテーマで、
 選択理論との出会いや得たことなども書きましたが、
 「自分取扱説明書」として汎用化し、最後の設問を
 今後手に入れたいものとすると、各種セミナーの導入と
 しても活用できるとのコメントも参考になりました。

ロールプレイでは、自慢の一人娘の突然の不登校に悩む母親
の事例に取り組みました。
親子のしている会話や行動を確認していく中で、母親は娘を
学校に行かせることに注目しすぎていたと気づき、自己評価
が促されていました。

今回は、自分自身の振り返りと、自分にはない他の人の考え
にも触れる機会をいただきました。
また、初めてコファシリテーターをやらせていただき、良い
経験になりました。
どうもありがとうございました。
(小泉直美)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ct-shizuoka.jugem.jp/trackback/81