無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
2019年2月の研究会

日本選択理論心理学会静岡支部研究会は

非難・批判はせずに、安心安全で温かな学びの場を

皆さんと共に作ることを目指しています。

月に1度、基本的には第2日曜日の午後に静岡市内にて開催します。

 

2019年 1月の研究会からは、

ロールプレイをして、それを活かしながら選択理論心理学について

学び合うというスタイルになります。

 

選択理論心理学は、
「人はいかに動機づけられ、いかにものごとを認知し、
いかに行動するのかといった一連の脳の働き」を 説明した理論です。

毎月、始めにこの一連の脳の働きについての説明もしますので

初めてご参加の方も、学び始めの方も安心してご参加いただけます。

参加できる回から、お気軽にどうぞ。

 

研究会のおおよその構成は、

1.脳の働きについてのレクチャー

2.ロールプレイ(選択理論の考え方を身につけるためのもの。

  集中講座未受講の方はオブザーバー、やってみたい方は参加可能

  となっています。

3. ロールプレイを振り返りながら選択理論について学びを深める

進行は選択理論心理士が交替で担当します。

 

ご参加は、リアリティセラピー集中基礎講座を受講した方は勿論、
受講していない方でもお気軽にご参加ください。

最近は初めての方がご参加くださり、学び直したりさらに学びを深め合ったりしています。

 

 

基本的には第二日曜日ですが、都合により変更もあります。

開催場所・時間が変更しますので、恐れ入りますが毎回ご確認ください。

 

次回の研究会は下記のスケジュールで開催します。

日時 2019年 2月 10日(日)13:45〜16:45

  
担 当  松永 祐子

会   場:静岡労政会館 5F 第2会議室

参加費:1000円(当日お支払いください)

 

 

  初めてのご参加の方は

     下記の参加/問い合わせフォーからご連絡ください。

     http://form1.fc2.com/form/?id=f77b2423b292106f

 

 

 

今後の予定  

 

2019年  3月 10日(日) 13:45〜16:45
   会場:  
静岡県産業経済会館 第3会議室
      担当:  林 薫

 

2019年  4月 14日(日) 13:45〜16:45
   会場:  
静岡労政会館 5F 第1研修室

   担当:  中村 真

 

2019年  5月 12日(日) 13:45〜16:45
   会場:  
あざれあ 4F 第3研修室

   担当:  水野 敦子

 

・2019年  6月 9日(日) 13:45〜16:45
   会場:  
静岡労政会館 5F 第2会議室
      担当:  内野 千珠子

 

2019年  7月 14日(日) 13:45〜16:45
   会場: 
あざれあ 4F 第3研修室

   担当: 松永 祐子

| ct-shizuoka | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2019/02/10 4:50 PM posted by: 中村
今日の研究会は選択理論心理士の松永ゆうこさんのリードで始まりました。まず「選択理論とは人の脳の働きを説明したもの」という紹介から始まり、カラーチャートを理解すると気分の悪さの原因などがわかり、自分と向き合うのに役に立つ説明してくださいました。

続いて「上質世界の張替え」について、絵本を使ったワークに入りました。使用した絵本は子供たちの国語の教科書にも載っている「おじさんのかさ」。
立派な傘を持っていたおじさんが、雨についての否定的な現実の状態から、肯定的な現実に変化する様子をもとに、上質世界のアップデートについて学んでいきました。

後半はリアリティセラピー のロールプレイ。
今日の事例は「つい、子供に手を上げてしまう母親」。
選択理論のカウンセリングであるリアリティセラピーを、カウンセラーとクライアントになって演じることで、「つい」と思っていることも自分の選択であり、その他の選択ができる、ということを学ぶ機会を得ました。

今日も共同学習を通して沢山のことを学べて楽しかったです。ありがとうございました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ct-shizuoka.jugem.jp/trackback/125