無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
2018年3月の研究会

日本選択理論心理学会静岡支部では

この1月の研究会から新プログラムをスタートしています。

1月〜6月までは「選択理論心理学の要素について、一つ一つを学ぶ

基礎編」。

7月〜11月までは「リードする選択理論心理士のそれぞれの活動の場

などでの実際や、その強みを活かした応用編」を予定しています。

選択理論は、
「人はいかに動機づけられ、いかにものごとを認知し、
いかに行動するのかといった一連の脳の働き」を 説明した理論です。

毎月、始めにこの一連の脳の働きについての説明もしますので

毎月参加しなくてはならない訳ではございません。

参加できる回から、お気軽にどうぞ。

 

研究会の構成は、毎回

1.脳の働きについてのレクチャー

2.テーマに基づいたレクチャー、ワーク、話し合いなど

3.ロールプレイ(選択理論のの考え方を身につけるためのもの。

  集中講座未受講の方はオブザーバー、やってみたい方は参加可能

  となっています。

 

ご参加は、リアリティセラピー集中基礎講座を受講した方は勿論、
受講していない方でもお気軽にご参加ください。

最近は初めての方がご参加くださり、学び直したりさらに学びを深め合っています。

 

 

基本的には第二日曜日ですが、都合により変更もあります。

開催場所・時間が変更しますので、恐れ入りますが毎回ご確認ください。

 

次回の研究会は下記のスケジュールで開催します。

日時 2018年 3月11日(日)13:45〜16:45

  
担当:  水野 敦子

 
テーマ 比較の場、行動のシステム    

 

 

  初めてのご参加の方は

     下記の参加/問い合わせフォーからご連絡ください。

     http://form1.fc2.com/form/?id=f77b2423b292106f

 

 

会   場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」第3研修室

参加費:1000円(当日お支払いください)

 

 

・2018年4月 8日(日) 13:45〜16:45 

   会場: 静岡労政会館 第1研修室

         担当: 内野 千珠子 「全行動」

 

・2018年5月13日(日) 13:45〜16:45  

   会場: 静岡労政会館 第1会議室

         担当: 林 薫 「感覚のシステム、知覚のシステム」

 

・2018年6月10日(日) 13:45〜16:45 

   会場: あざれあ生活関連実習室

         担当: 中村 真 「知覚された世界」

| ct-shizuoka | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2018/03/11 5:10 PM posted by: Mn
初めての人もいたので、まずは全員で自己紹介した後アイスブレイクのGood&News 5分で何周回せるか?というチャレンジで、私たちのグループは15周できて達成感たっぷりでスタート。

続けて選択理論のカラーチャートに沿って人間のシステムについておさらいした後に「死神あられ」を使ったワーク。このワークで天秤の傾きと、行動のシステムでどのように行動を選択したかを振り返りました。

ちなみに今回リード役をされた水野敦子さんですが、毎回創造性を発揮して、今までにないワークを披露してくださるのですが、今日のワークでもみなさんから笑いが漏れていました。

さて、その中で「ついつい同じ行動を取ってしまうのはなぜ?」という問いに対して
・今までうまくいったことがある行動が整理された行動になっているから
・天秤の傾きをきちんと意識できていないから
・自分が得たいことが明確になっていないから
・方法がわからない、知識がない
・癖になっている
・どこが問題かわからない
・思い込みや既成概念にとらわれている。


また「創造性を働かせるには?」という問いに対しては
「べき」から離れる
散歩する
今までと違う道で通勤する
人と話す
リラックスする
映画を観る
美しいものを見る
経験を増やす
マインドフルネスの活用
常識を疑う
知識を増やす

といったアイデアが上がっていました。

後半は現実療法のロールプレイ。今日の事例は「結婚したいが相手に断られる」という43歳の男性。両親と同居、彼女いない歴=年齢の彼は、無事にどこグループでも「カウンセリングに来た甲斐があった」になることができたようです。

ちなみにみなさんが「辛すぎる」と手を出し渋った「死神あられ」ですが、帰りに自分がいただいてしまいました。

今日もありがとうございました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ct-shizuoka.jugem.jp/trackback/114